オスグッドなどの子どもの膝の痛み・怪我について。岡山市でスポーツの怪我でお悩みの方は葉ぐくみ整骨院へ。

2018年01月9日

こんばんは!

 

 

今日は子どもの膝の痛み・怪我について書いていきたいと思います。

 

先月から特に多く来院されている膝の痛みでお困りの小学生。

 

 

今日も先週病院に紹介した男の子の保護者からご連絡がありました。

 

小学生に多い膝の痛みはオスグッドと言って、

 

分かりやすく言うと成長期に膝の下の脛骨粗面という部分が出っ張ってきて

 

膝の痛みが出たり膝の曲げ伸ばしが困難になってしまう怪我です。

 

 

 

 

 

 

 

スポーツをしている人は1度は聞いたことがある怪我ではないでしょうか。

指導者さんもよく聞く怪我だと思います。

 

 

先週も他の整骨院に3ヶ月以上通っていたが膝の痛みが全く良くならないという事で

紹介で葉ぐくみ整骨院に来院された小学生が居ます。

 

 

問診をしていると、

 

前の整骨院ではオスグッドと言われたそうです。

そして痛い所周辺のマッサージや電気をしてもらい、

ストレッチも太ももの前を伸ばすストレッチを指導してもらったと言われていました。

 

 

しかし触診(触って確かめる)をしてみると明らかにオスグッドではありませんでした。

(オスグッドではなく膝の靭帯の炎症と、分裂膝蓋骨の疑いもあったので

病院を紹介しました。病院で検査をすると靭帯の炎症だけで分裂膝蓋骨はありませんでした。)

 

ここで大切なのはオスグッドか靭帯の炎症どちらなのかというよりも

 

どうして痛みが出てしまっているかということです。

 

もちろんオスグッドでもないのにオスグッドだと疑い

ストレッチやマッサージ、電気をしているとこれは誤診ですので患者さまにも不利益です。

 

 

この選手は左膝だけ症状が出ていたのです。

 

どうして同じように使っているはずなのに両膝とも痛くならなかったのでしょうか。

 

片足しか使わないようなスポーツでもありません。

 

 

しかし症状が出ているのは左膝です。

 

 

これを明らかにしていかないと膝の痛みは

 

オスグッドだろうと膝蓋靭帯の炎症だろうと

 

改善することはないです。

 

もし仮にマッサージや電気で一時的に症状改善したとしても、

また時間が経てば痛みが出ることになります。

 

 

それはどうして痛みが出ているのか、

どうして炎症が起きてしまっているのか

 

その原因に対してアプローチをしていかなければならないからです。

 

 

オスグッドで指導される一般的なストレッチは

痛い側の太ももの前を伸ばすストレッチです。

この絵のようなストレッチのことです。

「ストレッチ 太ももの前」の画像検索結果

 

これはオスグッドの場合、炎症を起こしている所に対して

更に負担をかけてしまうこともあります。

 

しかし実際はこのストレッチと電気・マッサージなどの

対症療法しか受けてない子どもたちが多すぎます。

 

 

本当の原因は患部・痛い所だけ診ても何も分かりません。

 

 

体の構造(姿勢)と機能(筋・関節・神経)を

 

客観的な検査で診ていかないと本当の原因は見えてきません。

 

 

あまりにもずさんな子どもの怪我の対応について

 

もっと危機感をもってもらえるよう私も行動していかなければと改めて思いました。

 

 

その為にも今年は動いていきますのでよろしくお願い致します!

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

ではまた明日!

 

 

 

岡山市北区葉ぐくみ整骨院

岡山市北区葉ぐくみ整骨院予約優先制:0863631700岡山市北区葉ぐくみ整骨院24時間ネット予約受付中岡山市北区葉ぐくみ整骨院地図

〒701-0151 岡山県岡山市北区平野535-1 アーデン平野 P2台