オスグッド

帰省中の学生が大勢来院されています!岡山市でオスグッドや膝の痛みでお困りなら葉ぐくみ整骨院へ!

2017年12月27日

こんばんは!

 

 

今年も残りわずかとなりました。

葉ぐくみ整骨院は年内12月30日(土)まで通常通りの受付です。

よろしくお願い致します。

 

年始は1月5日(金)から通常通りの受付ですので

お間違えの無いようお気を付けください。

 

 

今月に入り新患さまの来院がとても増えております。

 

紹介から来院される患者さまもとても増えており、

 

今日もお一人ご連絡がありました。

ご縁に感謝です。

 

 

そして年末は県外から帰省している学生さんの来院もとても多くなり、

 

成長を見れる貴重な時間です。

 

 

県外にスポーツで進学している学生も大勢います。

 

岡山県内に居た時は定期的にメンテナンスで来院されていた選手も

 

県外に進学になると長期休暇でしか来ることが難しくなってしまいます。

 

 

それでも長期休暇にはきちんと来院してくれると私としてはとても嬉しいですね!

 

選手達の

 

体の状態は良いのか、

 

パフォーマンスは発揮できているのか、

 

1つも端折ることなく徹底的に検査します!!

 

 

今日も関西の学校にスポーツで進学して、

普段は寮生活をしている選手が久しぶりに来院されました。

 

 

この選手は小学生の時からメンテナンスに来てくれていた選手で

 

長期休暇には必ず来院されます。

 

 

 

今回少し怪我もあったのですが、

 

体の状態もコンディションも中々上がらず

苦しい時期もあったとお話してくれました。

 

 

選手自身も何が問題なのかよく理解できていました。

 

 

この休みで集中治療をおこない、

 

年始から最高の状態で競技に打ち込めるようお互い頑張っていきます!!

 

 

 

学生も冬休みに入ったので

午前中から学生患者さまでいっぱいです。

 

 

今まで午前中に学生が来院されることはあまりなかったので、

 

いつも午前中来院される患者さまからも

 

「いつもと雰囲気が違って良いですね。」

と言って頂きました。

 

 

やはり子どものパワーは凄いです!

 

明日からも多くの学生が来院されます。

 

年内も残りわずかとなりましたが体調には気を付けてお過ごしください!

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

ではまた明日!

 

スポーツ障害や子どもの怪我がとても増えてきています。オスグッド、スポーツ障害でお悩みの方は葉ぐくみ整骨院へ。

2017年11月30日

こんばんは!

 

 

12月7日(木)~9日(土)は研修のため休診となります。

宜しくお願い致します。

 

12月は研修や年末年始の関係で受付時間の変更や、

休診日も増えておりますがご協力宜しくお願い致します。

 

年末は30日(土)まで通常通りの受付で、

 

年始は1月5日(金)からのスタートです。

 

最高の1年の締めくくりが出来るよう最後まで体調管理には気を付けます!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

今日は子どものスポーツ障害、子どもの怪我について書いていきます。

 

オスグッドや成長痛などもスポーツ障害の1つですね。

 

 

オスグッド(膝)や成長痛、セーバー病(かかとの痛み)、腰椎分離症、野球肘

 

このような悩みで来院されている学生がとても多く、

 

 

今日来院された中でも

 

中学2年生のバスケット部の女の子は腰椎ヘルニア、

 

野球クラブに所属している小学5年生の男の子は野球肘、

 

高校2年生のサッカー部の男の子は腰椎分離症、

 

でどこに行っても良くならなかった学生が来院されています。

 

全員病院での正確な診断がついております。

 

 

 

しかし今は順調に回復してきており、

 

バスケット部の女の子は今月から完全復帰、

 

サッカー部の男の子も3ヶ月前から完全復帰しています。

 

 

野球肘の男の子は初診時来院された時にすぐに専門医を病院を紹介しました。

 

その時には手術一歩手前の状態で医師が驚くほどの重症でした。

 

 

当院での治療はそれから続けており、今では順調に回復してきて

ギプスも早い段階で取れ医師からの診断でも来年の復帰の予定がたってきました。

 

 

どうしてスポーツ障害が起こるのか。

 

様々な原因が考えられると思いますが、

 

まずは正しい姿勢かどうか、

 

それにより体の柔軟性や筋力も変わってきます。

 

 

そして最近怪我している子どもたちに多いのは「やりすぎ」です。

 

小学生低学年でも1週間休みなくずっとサッカーや野球をしている子がとても多いです。

 

公園で友達と遊びながらスポーツをするのではなく、

チームの練習とスクールの練習で休む暇もないのです。

 

 

「休養」もスポーツ選手には大事です。

 

「休養」をおろそかにしている選手は必ず怪我をします。

 

 

練習をたくさんして上手くなりたい気持ちは十分に分かりますが

怪我をしてしまうと何も意味がないです。

 

 

怪我をしない体づくりの中には休養(休むこと)も必ず入ってきますよ。

 

 

自分で自分の体を守る意識が大切ですし、

 

一流の選手ほど怪我に対してのリスク管理をきちんとしています。

 

だからこそスポーツ選手はマッサージに頼るのではなく

 

体の使い方や重心にこだわるのです。

 

 

体の使い方や重心は何で決まると思いますか?

 

 

「姿勢」です!

 

だからこそ姿勢によってパフォーマンスが変わってくるのです。

 

 

 

これについて詳しく知りたい方は直接ご連絡お願いします。

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

ではまた明日!

車で2時間かかる遠く離れた所からでも来院されています。岡山でどこに行っても良くならなかった患者さまが最後に来院する整骨院。

2017年11月24日

こんばんは!

 

 

オスグッドでお悩みの小学生や中学生の来院がとても増えています。

 

今週来院された中学1年生の新患さまは

なんと車で2時間かけて当院に来てくれました。

 

中学1年生の悩みは

野球の時に走ったりしゃがんだりする時の膝の痛みです。

 

病院ではオスグッドと診断されています。

 

 

地元の病院や整骨院ではなく、

 

隣の市の病院や整骨院ではなく、

 

 

当院に来てくれたのは理由があります。

 

 

それは「本気で治したいから。」

 

この理由だけです。

 

 

本人も早く思いっきり野球がしたい、

 

お母さまも早く良くなって欲しい気持ちは強くあります。

 

そして

「安心して診てもらえる所にお願いしたいです。」

 

と言われていました。

 

 

当院のブログもしっかり読んで下さっていました。

 

とても有り難いことです。

 

 

問診をおこない気になるところがいくつか見つかりました。

 

そして姿勢の検査でも正常からは、かけ離れていました。

 

 

この結果には本人もお母さまも驚かれていました。

 

 

どうしてそんなことになるのか理由もお話して、

 

この悪い姿勢のまま野球を続けても良いことは1つもないことは

本人もよく理解されたと思います。

 

 

オスグッドや成長痛でも痛い所が悪いわけではありません。

 

 

何らかの理由があって庇ったり、負担がかかっているから痛みが出るのです。

 

 

その庇っている所を治療したらどうなりますか?

 

よーく考えてみて下さい。

 

今回このブログでは答えは言いませんよ。

 

考えることもとっても大切なので考えてみて下さい。

 

 

よく分からない方は庇っている所を治療することが

 

体にとって良いことなのか悪いことなのか、

 

これだけでも考えてみて下さい。

 

 

この患者さまは当然全身の筋肉がガッチガチで

 

自律神経の乱れからくる症状も出ています。

 

 

治療は安全で脳がリラックスする刺激を与えます。

 

 

 

何の治療をするかよりもどこを治療するか。

 

これが大切です。

 

 

痛い所ではなく悪い所を治療する。

 

 

治療後の変化にも本人、お母さま驚かれていました。

 

 

これで終わりではなく、

アフターフォローもおこないますので

今も気を付けて生活しているはずです!

 

ここからどんどん良くなりパフォーマンスガ上がる事も

間違いなしですね!!

 

また来週もしっかり診させて頂きます。

 

 

本当に困っている子どもたちはまだまだ大勢います。

 

これからも正しい健康情報を発信し続け

 

子どもたちを体調不良や怪我から守っていきます。

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

最高の週末をお過ごしください!!

 

自己ベストを大幅に更新した陸上部の高校生!岡山市でスポーツの怪我でお悩みの患者さまは葉ぐくみ整骨院へ。

2017年10月30日

こんばんは!

 

昨日のブログも大勢の方に見て頂いています!

いつもブログを読んで下さり有難うございます。

 

これからもブログで治療への想いや日々のこと、健康に関する事、

どんどん情報を発信していきますので宜しくお願いします!!

 

 

今日も学生が多く来院されました。

 

今日来てくれた陸上部の高校1年生の男の子は先月から来院されています。

 

最初足の痛みで来院されました。

 

色んな整骨院に行ったけど中々良くならず、

もう治る事は諦めていたそうです。

 

そんな中お母さんが当院を見つけて下さり、

最初は直接お母さんが当院にお話しを聞きに来てくれ、

 

そしてその日のうちに予約を取って下さり、

息子さんが来院されました。

 

 

お話を聞いていると

 

今まで痛かったけど相当我慢して過ごしている、

 

部活も休めないのでなんとか誤魔化しながらやっている、

 

整骨院に行ったらこれは治っているからと言って特に何もしてくれなかった、

 

もう本当に驚きました。

 

我慢してやっている選手は良くないことですが結構いるので理解できます。

 

しかし

「整骨院に行ったらこれは治ってると言われた」

この言葉に私は困っている選手に何でそんな無責任な事が言えるのかと

怒りを通り越して悲しくなりました。

 

そんなことがあれば選手も保護者も整骨院に行くことも

慎重になるはずです。

 

 

このようなことがなくなるよう、

これからも正しい情報を発信し続けようと心から思います。

 

 

そしてこの選手、

 

治療を開始して3回でなんと自己ベストを大幅に更新!!

 

5000mの大会でタイムが1分も縮まったと大喜びでした!!

 

本人もこれからどれだけあげることが出来るのか楽しみだと言っています。

 

そして思いっきり走れる今が最高に楽しいです!と嬉しい言葉も頂きました!

 

 

本当に治療家をしていて嬉しい瞬間です!!

 

 

また来週も大会があるのでそれに向けて頑張ろうね!

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

ではまた明日。

 

スポーツ障害で悩んでいる子ども。岡山市北区葉ぐくみ整骨院。

2017年07月28日

今日は患者様から桃を頂きました!

 

畑もしている患者様で今までも

段ボールいっぱいの野菜を頂いたことがあります!

 

やはり果物も野菜も新鮮なものが1番ですね!!

 

また明日の朝にでも家族で頂きたいと思います。

 

今日も16時以降、21時まで予約がいっぱいで、

新患さんも1人来院されました。

 

夏休みに入り、やはり子どもの頭痛やオスグッド、腰痛で

お悩みの患者様が増えてきました。

 

今日が2回目の高校生の女の子に関しては、

今までも3件の整骨院、鍼灸院に通ったが全く良くならず

困っていたところ親戚の方の紹介から来てくださいました。

 

スポーツをバリバリしている女の子で、

腰と足の疲労骨折をしており、

中学生の頃から痛みがあることが当たり前だったそうです。

 

スポーツをしているからといって、

痛みがあることは当たり前ではありません!

 

子どもたちには無理と無茶の違いは知っておいて欲しいと思います。

 

無理はしてもいいけど無茶はする必要ありません。

 

時には痛い中でも練習や試合に出ることもあります。

僕も肋骨が折れているなか気付かずに

1ヶ月以上競技をしていたこともありました。

病院に行って先生にめちゃくちゃ怒られたことを覚えています。

 

これは無茶ですよ!

3ヶ月以上続けて出来ないことは無茶だと思ってください。

 

骨が折れているにも関わらず

3ヶ月以上競技が出来ますか?

 

この選手は無茶をし続けた結果、

今では痛みがあることが当たり前になり、

自律神経の乱れからくる症状もたくさん出ています。

 

知らなかった、どうしようもなかった、

では済まされない問題です。

 

だからこそ私は子どものケア、姿勢改善に関して、

更に認知度を広げていく必要があると思います。

 

子どもたちにも「痛みがあるのが当たり前」

と思って欲しくないです。

 

痛みがあるから甘えていいとか

サボっていいとかそんな話でもないです。

 

怪我をしてしまったときは

最速最短で治すために100%頑張る。

 

それが自分の為であり、チームの為だと思います。

 

治療後はぐっすり眠れるようになりました。

と言ってくれていたのでここからです!

 

痛みや症状ではなく

体の構造と機能を診る。

 

これからも1㎜もブレルことなく過ごしていきます!!

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

公式ホームページはこちらから。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

子どもの怪我や痛みについて。岡山市北区葉ぐくみ整骨院。

2017年07月11日

子どもの怪我や痛みについて。岡山市北区葉ぐくみ整骨院。

 

こんばんは!

今日は学生(小学生高学年~高校生)でよく起こるスポーツ障害について

書いていきたいと思います。

 

まず当院の17時以降の時間帯は学生が80%です。

そして骨折や捻挫といった外傷ではなく、

膝や腰の痛みを訴えて来院している学生がとても多いです。

 

今日来てくれた野球部の高校1年生の患者様も、

歩けないほどの膝の痛みで、自転車も乗れず、松葉杖で生活したそうです。

当然病院に行きMRIの検査もしましたが

様子を見ましょうと言われ炎症を抑える注射を

1度行ったそうですが1ヶ月間でそれだけの処置しか

してもらえなかったそうです。

 

そんな中当院に来てくれました。

本人もどうしたらいいのか分からず、悩んでいたのが伝わりました。

今日で4回目の治療が終わりましたが、

松葉杖もなしで歩けるようになり、自転車で当院にも来ています。

まだ治療は必要ですが、少しづつ日常を取り戻してきているので

本人の表情も明るくなってきました!!

 

子どもの体調不良や、原因不明の怪我というのは

病院の検査では異常が出ない事も多々あります。

 

そしてスポーツの指導者も

「病院で問題ないと言われたならできるだろう。」

そのように思われている方が多いと思います。

 

痛い中、我慢して練習や試合に出ることが必要な時もあります。

しかし小学生や中学生年代の成長期で果たして本当に

無理してプレーする事がその子にとってのベストでしょうか?

 

小学生の時から無理をしてしまい、

中学・高校とまともにプレーが出来なく悩んでいる選手が

何人も当院には来ています。

 

指導者の中には「怪我はプレーしながら治すものだ。」

と言われている方もいるそうです。

選手もそれを信じてやるしかないので

後で取り返しのつかない事になってしまうのです。

 

以前毛お話しさせてもらった指導者の方も

「オスグッドっていっても治らないもんね。

休んでも治らないならやった方がいいんじゃないですか?」

と言われたことも実際にあります。

その時もきちんとした治療を受ける事で

改善しますし、治らない怪我ではないです。

怪我を放っておいてプレーする事のリスクもお話しさせて頂きました。

 

まだまだどの競技にも関わらず、

怪我や痛み、予防に対してのきちんとした知識をもった方が

帯同しているチームは少ないです。

 

しかしきちんと指導とトレーナーの役割を理解して下さっている

指導者の方も増えてきたとは思います。

私も昨年はある競技のトレーナーとして

インターハイにも帯同させて頂きました。

その時は1年前からインターハイに向け準備を監督さんやコーチとおこない、

最高の状態で選手たちが活躍できるよう協力させて頂きました。

 

本やネットで怪我を調べても情報はたくさん出ていますが、

治る方法はどこにも載っていません。

どんだけ情報を集めても怪我は治らないのです。

毎日怪我をしている選手たちと向き合って、

実践している人にしか治すことは出来ません。

 

1人の選手にとってどの選択がベストなのか、

常にこの事を念頭に入れて子どもたちとは接しています。

 

そしてこれからは

「怪我をしてから葉ぐくみ整骨院に行く」

というよりも

「怪我や痛みが出ない体を作る為に葉ぐくみ整骨院に行く。」

このような環境が整うように情報発信をし続けていきたいと思います。

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

公式ホームページはこちらから。

 

 

 

ご質問・ご相談・お問い合わせはお気軽にお願いします。

岡山市北区葉ぐくみ整骨院ネットでのご予約ご相談はこちら

スポーツ障害の治療についてはこちらからお願いします。

スポーツ障害

 

ではまた明日!

土曜日もお早めにご連絡ください!肩こり・頭痛、オスグッドでお困りの方は葉ぐくみ整骨院へ。

2017年06月24日

こんばんは!

今日は朝8時30分から夕方18時まで

ほぼノンストップで治療させて頂きました。

 

ノンストップでも全く疲れはありません!

 

むしろ充実感の方が圧倒的に大きく、

患者様が健康になっていく姿を見れることが

とっても嬉しいです!

 

そして紹介から中学生の新患さんが来られました。

この患者様も整骨院には3件行ったそうですが

中々改善しないという事でクラブチームの指導者さんと

同じチームの選手から紹介してもらい当院に来てくれました。

 

問診をしていくと痛みだけではなく、

その他にも色々な悩みが出てきました。

 

それらの悩みも今の痛みや症状、

そして生活習慣も関わってくること、

過去の出来事が関わってくることを

説明し、納得して頂けたので治療を開始。

 

痛い所を治療する、

痛い所に電気をすることやマッサージをすることが

治療だと本人もお母さんも思っていたそうです。

 

当院に来てくださっている患者様ならよくわかると思います。

最初は全員

痛い所=悪い所(痛みの原因)

だと思ってしまいます。

 

しかし本当にそうでしょうか?

骨折や捻挫は

痛い所=痛みの原因

だと思います。

 

しかし肩こり、頭痛、腰痛、

スポーツ障害(オスグッドやジャンパー膝、シンスプリントなど)

は痛い所=悪い所ではないです。

 

実際、当院にこれらの悩みで来られている患者様は、

一通りのマッサージや電気、リハビリなどを受けてから

当院に来られています。

つまり痛い所に対しての治療はおこなっているのです。

 

しかしそれでも改善しないという事で

当院に来られているのです。

 

これまで原因に対しての治療はしていないという事です。

 

だから葉ぐくみ整骨院で問診をし検査をするととても驚かれます。

中には問診の最中に感極まって涙を流す患者様もいます。

初診の患者様からは

「こんなに詳しく話を聞いてもらったことも説明に納得できたことも、

一緒に良くしていこうと気持ちが出てくることもないです。」

と言われることがあります。

 

原因を見極め、根本から改善していくためには

問診・検査がとても重要です。

勘や手の感覚だけで治療をすることがどれだけ不正確かご存知ですか?

手技だけだと再現性は10~20%、

コンピューター機器だと70~85%だと言われています。

きちんと正確性を高めるために当院では

最新のコンピューター機器を使っています。

そして100%に近づくよう日々研磨しているのです。

 

患者様の健康と生命を第一に考え

また明後日から最善を尽くします!!

 

今日も多くのご縁に感謝です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

葉ぐくみ整骨院公式ホームページはこちらから。

 

 

 

 

 

 

 

子どもの怪我、姿勢不良が気になる方はこちらのページも見てくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

では最高の週末をお過ごしください!!

 

また明日!!

膝の痛み、オスグッドで悩んでいる学生へ。岡山市北区 葉ぐくみ整骨院。

2017年06月16日

昨日もパーソナルトレーニングに行ってきました!

下半身をメインでトレーニングしたので今朝から

下半身が筋肉痛で起き上がるのもやっとのことでした。

10年ぶりぐらいに運動で体を追い込んでいますが、

終わった後の爽快感は最高です!!

 

まだまだ始めたばかりですがこれからも継続してやっていきます。

結果も楽しみにしていてください!!

 

今日は最近子どもの悩みで多いオスグッドについて書いていきます。

 

今週だけでも10人以上の学生たちが

オスグッドの悩みで来てくれました。

 

昨日も新患さんで小学6年生の男の子と5年生の女の子が

オスグッドの悩みで来てくれました。

 

ほぼ全員当院に来る前に病院でレントゲンを撮り、

オスグッドの診断を受けてから来られます。

 

病院で診察後リハビリや、運動制限もすると思いますが、

痛みが中々変わらない、むしろ痛みが悪化する場合も多いと思います。

 

ストレッチ、マッサージ、電気、ハイボルテージ、

色んな治療を受けたけど良くならなく

当院に来られている患者様も居ます。

 

どうしてオスグッドがそんなに治らないのでしょうか?

それは根本の原因を診ていないからです。

 

痛みや筋肉の緊張は結果です。

原因は他にあるのです。

 

太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が硬くなることで、

膝の下(脛骨粗面)を引っ張り炎症が起き、痛みが出てしまっています。

 

であるならば、太ももの前の筋肉が柔らかくなれば炎症は起こらず

痛みは出ないということですよね。

 

だったら太ももの前の筋肉をストレッチしたりマッサージしても

どうして治らないのですか?

 

それは太ももの前の筋肉が硬くなるような原因があるからです。

 

マッサージやストレッチでもその時は楽になったと感じると思います。

しかし次の日になるとまた痛い。

これの繰り返しになってしまうのです。

そうすると、膝の状態もどんどん悪化してしまいます。

 

では筋肉が緊張する原因は何か。

 

筋肉が硬くなる原因の一つは姿勢にあります。

姿勢が悪くなることで筋肉が緊張していますのです。

 

だから筋肉に対してストレッチやマッサージをしても

中々改善していかないのです。

 

葉ぐくみ整骨院ではオスグッドで来られた学生にも

必ず毎回姿勢のチェックをおこないます。

 

毎回検査します。端折ったことはありません。

 

そして治療後は姿勢を良くしていくために気を付ける事をお伝えします。

最初は子どもたちも忘れてしまう時もあるのですが、

3回目の治療後からはほぼ全員の学生が

姿勢を良くするうえで気を付けることをきちんと言えます。

 

普段の生活がどれだけ大切になるのか学生自身が分かっているのです。

 

普段の意識、そしてどれだけ自分で気が付くかによって

子どもたちの姿勢を守る事が出来ますよ。

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

葉ぐくみ整骨院のオスグッド治療についてのページはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

ご相談・お問い合わせはお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォームはこちらから。

岡山市北区葉ぐくみ整骨院ネットでのご予約ご相談はこちら

 

明日の予約状況は16時のみ空いています。

よろしくお願いいたします。

 

では最高の週末をお過ごしください!!

岡山市でオスグッドでお困りの方は葉ぐくみ整骨院へ。

2017年03月1日

岡山市でオスグッドでお困りの方は葉ぐくみ整骨院へ。

 

オスグッドや膝の痛みで来院する子供がとても多いです。

小学生高学年から中学生に多いと言われているオスグッド。

 

今来てくれている子供たちは他の院に行ったけど

治らなかったからという理由から当院に来てくれている選手が多いです。

 

なぜ今まで治らなかったのでしょうか?

それを今日は説明したいと思います。

 

今までのオスグッド治療の常識

オスグッドの治療と言えば、

「太ももの前の筋肉を柔らかくして負担を減らす」

というのが常識でした。

 

そのために

太ももの前の筋肉をストレッチ、

太ももの前の筋肉をマッサージ、

太ももの前の筋肉に電気をあてる、

このような治療を受けてきたと思います。

 

もちろんこの治療でよくなるオスグッドもあります。

 

しかしこの治療をしても治らない子供たちがたくさんいるのです。

 

なぜ太ももの前の筋肉を治療しただけでは改善しないのか

 

これは根本の原因の治療が出来ていないのです。

たしかに痛みや炎症が引きおこるきっかけは

太ももの筋肉が脛骨粗面という膝の下を引っ張るからです。

 

しかし太ももの筋肉が硬くなる原因に対しては誰も治療してないのです。

 

どうして筋肉が硬くなるのか?

どうして片方の膝の下だけ痛くなるのか?

同じ練習をしているはずなのに自分だけ痛くなるのはどうしてか?

 

筋肉が硬くなる原因があるのです。

それを取り除いてあげない限り、

マッサージをしても、ストレッチをしても電気をあてても、治る事はないです。

痛みは多少減るかもしれません。

しかし子ども達にその状態で治ったと言えますか?

 

また痛みが出るかもしれない状態でまたスポーツに復帰できますか?

 

重症な人ほどきちんとした治療を受けないと改善しません。

 

当院でも骨の変形や奇形は治すことが出来ません。

 

しかしオスグッドのような怪我の場合

きちんと構造(姿勢)と機能(筋肉、関節、内臓)を診ていけば改善していきます。

 

子ども達に痛みや怪我でスポーツややりたいことを諦めてほしくありません。

 

もし子どもの怪我で悩まれている方が居られましたら、

お気軽にお問い合わせください。

✉ hugkumi10.01@gmail.com

 

当院のオスグッド治療に関しては下記をクリックして下さい

オスグッド治療について

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

岡山市でオスグッドを根本から治すなら葉ぐくみ整骨院へ!

2017年02月16日

岡山市でオスグッドを根本から治すなら葉ぐくみ整骨院へ!

 

最近オスグッドで悩んでいるスポーツ選手の来院がとても多いです。

そのなかでも子ども達や保護者の方からよく聞くのは

 

「もう治る事は諦めていました。」

「どこに行っても良くなりませんでした。」

「安静にするしかないと言われました。」

 

という声です。

本当に辛い思いをしてきたのだと思います。

 

一般的なオスグッドの治療は太ももの前の筋肉を緩めるためにマッサージや電気を使い、

患部のアイシングと太ももの前のストレッチをしている所が多いです。

 

今回当院に来てくれている子供たちもそのような治療を受けていました。

では一体何で改善しなかったのでしょう?

 

上記の治療も決して間違った治療ではないです。

しかし治らない子供たちもたくさんいるのです。

 

これは根本の原因を診ていないから起こるのです。

 

オスグッドを簡単に説明すると、

太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が硬くなり、

脛骨粗面(オスグッドで膝下の盛り上がってくる部分)を引っ張り、

炎症が起きてしまい痛みが出てしまっているのです。

 

ここで1つ考えて頂きたいことは、

どうして太ももの前の筋肉が硬くなってしまうのか?

ということです。

 

これは部活やスポーツの練習のやりすぎだけではないです。

全員同じ練習メニューをこなしているのに、

オスグッドの選手は何人かだけだと思います。

 

なぜ太ももの前の筋肉が硬くなるのか、

これは構造(姿勢)が関係しています。

 

構造(姿勢)が崩れることで

機能(関節、筋肉、内臓、神経)も異常になってくるのです。

 

姿勢が悪い状態で過ごしているから膝に負担がかかってしまい、

太ももの前の筋肉が硬くなってしまうのです。

 

当院では構造(姿勢)を改善する事で、オスグッドを根本から改善しています。

 

最初は選手たちも半信半疑ですが、

検査をおこなっていくと自分の姿勢の悪さに驚愕しています。

 

「こんな状態でスポーツしてると絶対に痛くなる。」

と本人たちが認識していきます。

 

そうなれば日頃気を付ける事や治療への取り組み方も

前向きになるので改善までの時間が更に短縮されます。

 

最近本当にオスグッドの子供たちの

来院が多いので今日はオスグッドの記事を書かせて頂きました。

 

本当に子供たちが思いっきり取り組んでもらいたいと思っています。

 

子どもたちが安心してスポーツに取り組めるよう、

これからも活動していきたいと思います。

IMG_0803

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

オスグッドの詳しい治療案内はこちらから

オスグッドについて

 

来週も夜の予約が学生たちで埋まってきました。

本気で治療を受けてみたいと思われている方は

お早めにご連絡頂けたらと思います。

 

メールでのご相談はこちらから

メールフォーム

 

電話はこちらから

086-363-1700

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

岡山市北区葉ぐくみ整骨院

岡山市北区葉ぐくみ整骨院予約優先制:0863631700岡山市北区葉ぐくみ整骨院24時間ネット予約受付中岡山市北区葉ぐくみ整骨院地図

〒701-0151 岡山県岡山市北区平野535-1 アーデン平野 P2台