起立性調節障害(OD)

交通事故による、むちうちの症状で悩んでいる女性のイラスト|岡山市北区葉ぐくみ整骨院

  • 朝起きた時、身体のだるさや頭痛で学校に行けない
  • 症状は午前が強く、午後から楽になる事が多い
  • 朝なかなか起きられず、不眠や寝不足を感じる
  • 病院の検査では明確な異常が見つからない
  • 立ちくらみや、生理痛など自律神経の問題も診られる

起立性調節障害について|岡山市 葉ぐくみ整骨院

起立性調節障害でお困りの方へ

起立性調節障害とは小学校高学年~中学生に多くみられ、頭痛、たちくらみ、動悸、体の倦怠感(ダルさ)、めまい、失神、などが典型的な症状です。

また朝起きることが困難になってしまうことから、不登校になってしまうことが多いとも知られています。

起立性調節障害の小児約3分の2が不登校で、不登校になってしまった約半分の小児が起立性調節障害を合併していたとデータもあります。

 

ではどうしてこのような症状が出てしまうのでしょうか?

 

一般的には自律神経系の異常で引き起こされると言われています。

小学校高学年~中学生に多くみられるのも、この時期は第二次成長期とも重なり体の様々な機能が変化していく時期です。

この変化は自律神経系にも大きく関わってきますので、自律神経系の異常も出やすいとされています。

 

ではどうしてこのような症状が起こる子どもと起こらない子どもがいるのでしょうか?

 

もし成長期に起こりやすいのであれば、多くの子どもがこのような悩みを抱えているはずなのに実際は小学生では約5%、中学生で約10%の有病率です。

 

なぜ自律神経の働きが失調してしまいこのような症状が出てしまうのか。

 

実は起立性調節障害で悩んでいる子どもたちに共通していることがあります。

 

それは【姿勢が悪い】ということです!

 

姿勢と自律神経の関係

姿勢が悪いと、どのように自律神経に影響してしまうのか説明していきます。

下の図のように自律神経は末梢神経の一部です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

姿勢が悪いということは背骨の歪みや頭の位置も悪く、脳への血流まで悪くなってしまいます。

 

そして脳への血流が低下してしまうと自律神経の中枢である、

脳幹や間脳の機能低下を引き起こします。

こうなってしまうと当然、自律神経の機能まで失調してしまうのです。

 

これが起立性調節障害の本当のメカニズムです。

 

 

そして病院などでは姿勢や歪みなどについては詳しく診ることはありません。

それは西洋医学的に患者さまを診ることになっているからです。

 

なので自律神経の問題だと分かっていても、その原因は学校や部活、塾でのストレスなど精神的なストレスと判断してされてしまい、病院では最終的には投薬治療が一般的です。

しかし実際の所、投薬治療だけでの完治は難しいとされています。

 

なぜなら投薬治療も一時的に症状を緩和している対症療法だからです。

 

 

 

そしてもう1つ起立性調節障害の問題で気を付けないといけないことがあります。

 

それは

「自律神経系の問題は子どもには起こらない」と見過ごされていることです。

 

頭痛や肩こりなどは大人だけが起こると決めつけていませんか?

 

朝起きれないのは気合が足りないからだと決めつけていませんか?

 

夜寝れないのは気のせいだと決めつけていませんか?

 

怠けているだけだ、学校に行きたくないから仮病を装っている、

そのように決めつけていませんか?

 

自律神経系の問題は病院の検査だけでは異常が見つかることは少ないです。

 

 

しかし実際には多くの子どもたちが悩んでいます。そして苦しんでいます。

 

 

そんな治療難民になっている子どもたちを救済するためにも

葉ぐくみ整骨院では起立性調節障害の問題と向き合っています。

起立性調節障害の治療法|葉ぐくみ整骨院

一般的な治療法

非薬物療法(日常生活で気を付けること)

・寝た状態から座ったり立つときには頭を下げてゆっくり起立する

・水分摂取を気を付ける(塩分を多めにとる)

・1日30分程度の歩行をおこない、筋力の低下を防ぐ

 

薬物療法

・非薬物療法で結果が出なかった際はおこなう

 

環境整理、カウンセリング

・子どもの精神的なストレスを取り除くこと

 

これらが一般的な治療法です。

 

多くの人が試したことはあると思います。

しかしこれらの治療法では根本から治療しているとは言えないです。

 

なぜなら今出ている症状を一時的に抑える対症療法だからです。

子どもの時から対症療法をしているとどうなるか。

 

「大人になれば治るから大丈夫。」そう思っていませんか?

 

今、きちんと根本から見直さないと大人になっても

今以上の症状が出てしまうことになってしまいます。

 

 

葉ぐくみ整骨院での起立性調節障害の治療

自律神経系の問題に深くかかわっているのは「姿勢」です。

 

葉ぐくみ整骨院では「姿勢」を改善するための治療をおこないます。

 

その為にはまず検査がとても重要です。

 

その検査とは

提携病院と患者さまの同意の基でおこなう画像検査、

背骨の歪みや動きを測るコンピューター医療機器による客観的指標、

 

といった客観的な指標を基に、視診、関節可動域、触診などから

どこが悪いのかを判断していきます。

もしそこで検査などで異常が無ければ、自律神経系の問題だけではないので総合病院などの受診を紹介します。

 

自律神経系の問題が姿勢からきていると判断した場合、

当院では安全かつ低刺激の治療をおこなっていきます。

 

当院では最年少で5歳の子どもが来院されていますが、

その子も寝てしまうぐらいの優しい刺激で、治療をおこないます。

 

安全かつ効果の高い治療の為に、当院では岡山では唯一の最先端コンピューター医療機器を使います。

 

患者様の声 | 岡山市北区 葉ぐくみ整体院

  • 岡山市北区 起立性調節障害でお悩みだった小学6年生 女の子

    患者さまのお母さまから患者さまの声を頂きました。


    最初はどのような症状やお悩みがありましたか。

    頭痛がほとんど毎日あり、小学校は2学期5日、3学期5日しか登校できなかった。頭痛がある時はほとんど寝ているため、朝は寝て、夜中に起きて食事も不規則になり、まぶしいためカーテンも開けず、話もあまりしなかった。暗い毎日でした。

    当院に通院するようになりその症状はどのように良くなり(変化して)ましたか。

    「頑張って学校に行きたい気持ちはあったが頑張れなかった。」(という状態だった)が、
    夜寝て、朝起き、頭痛も良くなり、頭痛が無い時間が増えた。

    体調が回復され1番良かったこと、嬉しかったことは何ですか。

    中学校に登校していること。リビングに来て話をしたり、食事をしたり、笑ったりしていること。
    元々こんなに笑う性格だったと忘れていたことを思い出した。

    葉ぐくみ整骨院と他院(病院、整骨院やマッサージ)との違いは何でしょうか?

    小児科でも話は聞いてくれましたが、1ヶ月に1回の通院と、昇圧剤(血圧の薬)、鎮痛剤の内服であったので頑張ろうという気持ちが長続きしない事。本当に頭痛が良くなったこと。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

岡山市北区葉ぐくみ整骨院

岡山市北区葉ぐくみ整骨院予約優先制:0863631700岡山市北区葉ぐくみ整骨院24時間ネット予約受付中岡山市北区葉ぐくみ整骨院地図

〒701-0151 岡山県岡山市北区平野535-1 アーデン平野 P2台