不眠症

  • お布団に入っても中々寝付けない
  • いったん眠りについても夜中に目が覚めてしまう
  • 眠りが浅く、朝起きても体がだるい
  • 不安で病院に行ったけど薬しか処方されなかった
  • 薬がないと夜寝ることが出来ない

不眠症について|岡山市北区 葉ぐくみ整骨院

不眠でお困りの方へ

不眠症とは入眠に時間がかかったり、一度寝てもその後眠り続けることが出来ない睡眠障害のことです。

日本では5人に1人が不眠症の症状で悩んでいると言われています。

そして不眠症は小児期や青年期ではまれですが、20~30歳代に始まり加齢とともに増加し、

中年以降急激に増加します。

また男性よりも女性に多いと言われています。

そして当院に来られている患者さまはクリニックや病院で医師からお薬などを処方されていますが中々改善が見られず、根本的に改善していきたいという想いで来られる方も少なくありません。

不眠症の症状としては
  • 夜寝つきが悪い
  • 寝付くことができても朝早く起きてしまう
  • 寝付くことが出来ても真夜中に目が覚め、再び入眠出来なくなってしまう
  • 睡眠時間は取れているが朝起きても体が重く、だるさがある

このような症状が一般的です。

 

どうしてこのような症状を引き起こしてしまうのでしょうか。

 

ネットや病院・クリニックなどでは

「ストレス」

が大きな原因だと言われていたり書かれていることが多いかと思います。

ここでのストレスは精神的なストレスのことを指していることがほとんどです。

もちろん精神的なストレスが体に影響を与えていることは間違い無いです。

ただそれが全てでしょうか?

 

不眠症の症状を引き起こす原因を深掘りしていくと、

これは自律神経の働きが関わってきます。

自律神経は自分の意志とは関係なく、内臓や血管の働きに関係し、ホルモンなどの体液循環もコントロールしています。

食事をした時に自分で胃に対して

「今、胃に食べ物が入ったから胃酸を出しなさい!」

とか

「酸素を吸って、二酸化炭素を出そう!」

と思って呼吸をしたこともないと思います。

これらは無意識に自律神経によってコントロールされているのです。

 

自律神経を少し解説すると、

まず自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つの神経の総称です。

活動時(日中)には「交感神経」が優位に働き、休息時や睡眠時には「副交感神経」が優位に働きます。

この自律神経のバランスが崩れると不眠症が起こってしまうのです。

なぜならリラックスしたい時、本来なら副交感神経が優位に働きスムーズな睡眠を促します。

しかし自律神経のバランスが崩れると、

夜に

「よし、これから寝よう。」

と思っていても交感神経が働いてしまい脳が興奮状態になってしまいます。

リラックスしたくても脳が無意識で興奮状態になってしまっているのでできないのです。

そしてもし寝れたとしても脳や体がリラックスしているわけではないので

また何時間後に勝手に目が覚めてしますのです。

 

そして不眠症の方の多くの人は自律神経の乱れから肩こりや頭痛などの症状で悩まされています。

自律神経の乱れから引き起こされる不眠症。

これを適切な治療を受けることなく放っておいてしまうとどうなってしまうのでしょうか。

眠れない事での不安やストレスからうつ病や不安恐怖症などのリスクが上がってしまいます。

そして熟睡が出来ないことで副交感神経が働きにくくなり、血流の改善や内臓の回復にも影響が出ます。

このような状態になる前にきちんと予防として適切な施術を受けることが不眠症の改善だけでなく、今後の健康に関わってきますのでとても大切なのです。

もしこのような状態になっていたとしても諦めることなくきちんと原因を把握し、

根本治療をおこなえば改善していきます。

 

自律神経が乱れる原因

ここまで不眠症と自律神経の関係について説明してきました。

ここからはどうして自律神経が乱れるかについて説明していきます。

 

まず初めに自律神経の通り道はご存知でしょうか?

わかりやすく説明すると

背骨を通って全身に伸びています。

ということは、姿勢が悪く背骨の配列が悪くなっていたり、

過去にむちうちなどに遭っていたりすると影響が出やすいということです。

 

最近では学生(小学生〜大学生)といった比較的年齢が若い患者さまも睡眠の悩みで来院されていることが多くなってきました。(子どもの施術も対応しております。)

これはやはりスマホやタブレット、ゲームをする時間が長くなり、

姿勢が悪くなっていることも関係があるのではないでしょうか。

子ども整体についての詳細はこちらから→子ども整体について

 

なので当院では自律神経の通り道である

背骨」や「姿勢」に着目しながら施術を進めていきます。

 

不眠症や睡眠障害で悩まれている方はどんな些細なことでも構わないので
一度ご相談ください。

 

当院では医療機関、例えば内科や小児科にかかりながら来られている患者さまがほとんどです。

医療機関から紹介で来院されている患者さまも居られますのでご安心ください。

葉ぐくみ整骨院|不眠症の施術法

ここから施術について説明していきます。img10

まず葉ぐくみ整骨院では施術をおこなう前に

必ず問診(患者さまからお話を直接聞く)

と検査をおこないます。

これは不眠症の原因は自律神経の乱れと説明しましたが、

この自律神経が乱れている原因は1人1人違うのです。

その自律神経がみだれている根本の原因を明確にし、今の患者様の身体の状態を客観的な検査により把握する事がとても重要になってきます。

 

 

葉ぐくみ整骨院の施術とは

上記に説明があったように自律神経が乱れる根本の原因である背骨(姿勢)の歪みから診ていきます。

そして背骨(姿勢)の歪みを改善する事で神経の圧迫を取り除き、

自律神経がきちんと機能するようになります。

自律神経がきちんと機能するようになれば血流も改善され、

関節の動き筋肉の働きも正常になり質の良い睡眠も手に入れることが出来ます。

質の良い睡眠が出来るようになるから体が楽になっていくのです。

質の良い睡眠を取ることで
  • 脳と身体の疲れを取る
  • ストレスの解消
  • 体の成長や老化防止
  • 病気の予防

ができるようになります。

葉ぐくみ整骨院では患者様の痛みや症状を取るだけではなく、

根本の原因を取り除くことで健康を手に入れて頂きたいと思っております。

不眠症や睡眠のこで少しでも気になる事がありましたらご相談だけでもけっこうなので

ご連絡頂けたらと思います。

%e8%82%a9%e3%81%93%e3%82%8a%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

 

施術例

  • 夜寝つきが悪く、朝起きても体がだるいという事でご来院

    当院に来るまでも患者様自身でいろいろなサプリメントを試し、整骨院や整体にも行っていました。
    しかし不眠症は酷くなる一方。
    そんな中職場の知人から当院を紹介してもらい来院されました。

    問診時には患者様が本当に寝れない事で悩まれていることが伝わり、半ば諦めているとも言われていました。
    検査をおこないましたが状態はとても悪かったことをよく覚えています。

    最初週1回~2回の来院頻度で来ていただき、3回目までは大きな変化はありませんでしたが4回目から寝つきが良くなったと言われました。

    1ヶ月の集中治療期間が終わるころには寝つきもとても良くなり、
    朝もスッキリと起きれるようになり仕事や家事もとてもしやすくなったと喜ばれていました。

    今までは朝の1時や2時にならないと寝れなかったのが、
    今では23時には寝れるとのことです。

    そして便秘も解消し、今では苦手だった運動も楽しんで取り組んでくれより健康的な生活を送る事が出来ています。

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。

 

お喜びの声

  • 70代 女性 不眠のお悩み

    不眠のお悩みでいらっしゃいました

    夜眠れない、夜中何回もおトイレに行っていました。
    朝まで一睡もできない日もありました。
    肩はこるし頭痛はするし、胃の調子も悪くなり胃薬ばかり飲んでいました。

    葉ぐくみ整骨院さんに来て、一回目から、効果を実感しました。
    副交感神経がもどってきた感じがしました。
    それは夜、途切れ途切れですが眠れるようになってきて、トイレも何回も行っていたのがたった一回の治療で2回になったこと。
    胃腸も調子が良くなってきていることが嬉しくて、予約よりも2日早く治療していただきました。

    こちらの先生は本物だと思います。
    ワンポイントの治療で良くなる。
    それが本物だと思います。

    体をもんだりさすったりしても治らないのですから、他の整骨院はほとんどこれです。

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。

岡山市北区葉ぐくみ整骨院

岡山市北区葉ぐくみ整骨院予約優先制:0863631700岡山市北区葉ぐくみ整骨院24時間ネット予約受付中岡山市北区葉ぐくみ整骨院地図

〒700-0975 岡山県岡山市北区今8丁目14-28 今8丁目合同ビル P2台